仕事のストレスで無断欠勤の父、遠方にて発見も

MENU

ちょっと友達に会いに東京に行ってくる、と言って出掛けて行った父が、「もう死にたい」というメールを残して行方不明になりました。その1か月前から父は仕事のストレスから心の病になってしまい、仕事を休職して家で療養していました。家では特に何をするわけでもなく、テレビを見たり本を読んだりして過ごしていましたが、少しずつ調子が良くなってきて、時々コンビニなどに外出することもありました。そんな時、父が友達に会いに東京に行く、と言い出しました。少し心配でしたが、最近では出かけることも多くなってきていたので、気をつけて行ってきてね、と家族で送り出しました。

 

東京までは電車で2時間。仕事で東京に行くこともあったので東京に知り合いがいてもおかしくありません。しかし、その日に帰ってくると思っていた父は、夜になっても帰ってきませんでした。携帯電話に電話をしましたがつながりません。とはいえ、もう大人なので1日位帰ってこなくてもそんなに心配することはないだろう、と眠りにつきました。すると、夜中に私の携帯に1通のメールがきました。父からです。「もう死にたい」一言だけ書かれたメールでした。私は慌てて家族を起こして知らせました。父に電話をしてもつながりません。どこにいるのか見当もつきません。本当に心配しながら朝まで過ごしました。その日の夜になっても父からの連絡はなく、警察に届けようかと話し合っていたころ、やっと電話がつながりました。「今、遠方にいる」そう言った父を家に戻ってくるように説得して、車で迎えに行きました。しかし、そこで父に会うことは出来ませんでした。

 

結局、捜索から説得まで含めて業者に依頼することになってしまいました。その時参考にしたサイトを紹介しておきます。→
警察への届け出に加えて、よくわからない業者の選び方なども参考にしました。