小学生の頃、父が家出して1ヶ月帰ってきませんでした

MENU

私には10歳年上の姉がいます。

 

 

 

姉は私や両親のことが大嫌いだったらしく、家の中でも私達に積極的に話しかけることはしませんでした。

 

それどころか、私は暴言を吐かれたりしていました。

 

私は姉の笑ったところをほとんど見たことがありません。

 

 

 

そのような姉ですから、大学進学の際にさっさと家を出たいという気持ちがあったのだと思います。

 

姉は当時付き合っていた彼氏と一緒に県外の大学へ行きたいと親に伝えると、親は大反対をしました。

 

 

 

私の母親は社会に出てもいないのに男と付き合うのは許さない、という固い考えの人で、姉の彼氏と同じ大学へ行くという不純な動機が許せなかったのだと思います。

 

その言い合いが元で取っ組み合いの喧嘩にまで発展し、姉は家を出て行きました。

 

 

 

喧嘩して家出をすることは珍しくありませんでしたが、今回はなんと1ヶ月も帰ってこなかったんです。

 

友達の家でお世話になっていたみたいで、友達のご家族からうちに電話がありました。

 

母親達は、警察に捜索願を出そうと思っていたのでホッとしたようでした。

 

 

 

ただ、それ以来母と姉の確執がひどくなり、結局姉は親の許可した大学に通いましたが、その後はうちに帰ってくることはなくなりました。

 

あれからもう10数年経ちますが、冠婚葬祭の時以外は姉と顔を合わせることはありません。

 

 

 

ただ、あの時のことは今でも鮮明に覚えています。

 

それくらい、1ヶ月も家出をすることが当時の私には衝撃的だったんだと思います。

 

 

 

当時はワガママな姉だなと思っていましたが、同じように縁を切るように実家を出た今の私からすれば、あの時姉が家出した気持ちがわかるようになりました。

 

そんなワガママな姉のせいで、こんどは父が家出をしました。こうなるともはや家族は一家離散状態でした。子供の世話が大変になると父親といえども家出するものなのだなと理解しました。