父が事業に失敗して借金、家出、自殺失敗、よけい

MENU

父親が自営業を営んでいたのですが、事業に失敗し借金まみれになり私の母親から責められ失踪しました。借金も残したまま失踪してしまい、借金取りや私達家族は困惑してしまいました。借金取りの人は、失踪としたとはいえ本当は家族が居所を知っているのではないか、と思っていたようです。あたりまえのことです。しかし本当に私達家族は知りませんでした。借金取りの人たちは私や妹が学校に行くときまでついてきて、どこかで父親と合流したりしないかなど監視されていました。そのことは一応学校にも報告してありましたので、私達が学校についた、学校から出ていったなどは逐一母親に電話をしていたそうです。子供が拉致される可能性も考えていたようです。

 

家族からしたら監視されていてたまったもんではありませんし、原因を作った父親は監視されずに失踪しているんだ、と思うと怒りが今でもわいてきます。

 

一ヶ月くらいして、父親の持っていたお金が尽きたのか失踪し宿泊しているホテルで自殺未遂騒ぎをおこし、やっと父親がホテルに一ヶ月も滞在して雲隠れしていたことがわかりました。

 

借金取りと家族が駆けつけたのですが、病室前にいる警察官から「家族たちに会いたくない」と言われ、正直な話自殺に成功しておいてくれたほうがよかった、と思ってしまいました。家族が散々心配していたのに自殺失敗して家族に会いたくない、とかどの口が抜かすんだと今でも思っています。

 

さすがに母親はそれで愛想が尽きたのか、離婚し女で一つで私達姉妹を育ててくれました。